Sponsered Link


筋肉量を増やすには運動するよりも食べ方による簡単で確実な方法があった

あなたは筋肉量を増やすには運動するよりも簡単で確実な方法があるのをご存知でしょうか?

年齢を重ねると、筋肉量が減ってきて、歩くのが億劫になったり、階段がしんどくなったりしますよね。

でも、だからといってまったく動かないでいると、どんどん筋肉が減っていく速度が速くなって、気が付いたら歩けなくなったり寝たきりになったりするおそれがあります。

今日はそんな気になる筋肉量について、それをどのように増やしていけばいいのかを書いてみます。参考にしてみてください。

Sponsered Link

筋肉量を増やすには運動が必要だと思っていませんか?

training-crop

東京女子医科大学の市原淳弘先生がおっしゃるには、筋肉を若返らせるホルモンが一役買っているというのです。若いときは筋肉がたくさんあり、年齢とともに減ってきますが、そのホルモンによって筋肉は若返り増えます。

このホルモンは運動をしたからといって増えたりしないので、階段の上り下りや早歩きなどはあまり意味がありません。なんとも衝撃的ですね。

良いと思ってやっていた毎日の散歩やエレベーターを使わない生活も、筋肉を若返らせはしないという事実があるのです。

ウォーキングや掃除などでたくさん運動をしているつもりでも、このホルモンが出ていない限り筋肉が増えないという、その筋肉を若返らせるホルモンの正体とは?

筋肉を若返らせるホルモンはIGF-1

このIGF-1というホルモンは成長ホルモンの一種です。このホルモンが分泌されることによってどういうメカニズムで筋肉が若返り量が増えるのか、みていきましょう。

%e7%ad%8b%e7%b9%8a%e7%b6%ad
出典:http://www.nagoya-veriteclinic.com/lee/petit/01-01.html

筋肉の筋繊維は運動だけでは太くならず、IGF-1という肝臓から出るホルモンにより太くなることができます。

ではそのIGF-1を出すためにはどうしたらよいのか、というと・・・。

そのカギは意外にも、「食べ方」と「食べるもの」にありました。

運動するよりも簡単で確実な方法によって筋肉量を増やす

%e3%82%ab%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc-crop

運動するよりも簡単な方法で筋肉量が増えることがわかっているのですが、それは「食べ方」と「食べるもの」に気を付けることです。

IGF-1が分泌されやすい食べ方

「食べ方」と聞くと今はみな一様に”野菜から食べると良い”と思っているのですが、今回の筋肉量に関していうならば、食べる順番ではなく、重要なのは「食べることに費やす時間」です。

どういうことか、というと・・・。

ざっくりと言うと「ゆっくり食べたほうがIGF-1は分泌されやすい。」ということです。

では、それはいったい何故なのか(´・ω・)?

IGF-1というホルモンは、血中の糖分が多いと分泌されづらいので、なるべく血中の糖分の量を少なく保ちたいわけです。

そのためにはどうするか?というと、なるべくゆっくりと時間をかけて食べるのがいいのです。早食いは絶対だめです。食事をする時間が短いと血糖値は急上昇してしまい、血中の糖分は増えすぎて、IGF-1は分泌されなくなってしまいます。

ゆっくりと食べることにより、IGF-1が分泌され、筋肉の若返りに役立ちます。

IGF-1を分泌されやすくする食べ物

体内のIGF-1を増量させる食べ物とは、

  • 油揚げ
  • タマゴ
  • 豆腐
  • 海苔
  • 鰹節
  • ゴマ

などです。

これらの食べ物には「アルギニン」という栄養素が含まれています。

アルギニンというのはタンパク質に含まれているアミノ酸の一種です。

これを1日に5g摂るようにするとIGF-1の分泌が促されるということがわかっています。

アルギニンの含有量は、

  • 油揚げ・・・1枚で0.4g
  • タマゴ・・・1個で0.5gぐらい
  • 豆腐・・・1丁で1.3gくらい
  • 海苔・・・全型4枚で0.3gくらい
  • 鰹節・・・小分けパック2つ分で0.5gほど
  • ゴマ・・・大匙3杯で0.8gくらい

ですので、いろいろなお料理にちょっとずつプラスしていくと5gを摂ることができるのではないでしょうか。

まとめ

breakfast-848313_640

筋肉の衰えは年齢とともにしかたのないことですが、少しでも筋肉量を増やしていくとよいので、今日はその方法について書きました。

筋肉が増えて若返る方法は難しいものではなく、食べ方と食べるもので対処できるということもわかりました。

運動だけで筋肉量を増やそうとするよりも、ゆっくりと食べることや、アルギニンを含む食材を毎日の食卓にプラスすることで、筋肉量を増やすホルモンは分泌されます。

今日は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください