Sponsered Link


よく怒る人は心筋梗塞になりやすい理由とそうならない方法

よく怒る人は心筋梗塞になりやすく、寿命を縮めているそうですが、そうならないためにはどんな方法があるのでしょうか。

腹を立てると身体にどういうことが起こって、それがどう影響するのかを簡単に解説していきます。

Sponsered Link

よく怒る人は心筋梗塞になりやすい!?

杏林大学名誉教授 精神神経科専門医の古賀良彦教授による解説を今朝テレビで見ていて、この話題が最近とくに私の周りにも思い当たる節があり、参考になったのでまとめてみました。

人は怒ったときにどういうことが起こるのか

人は怒ると交感神経が高くなります。交感神経が無駄に上がってしまうのです。

交感神経が高くなりすぎるとどうなるのかというと、一見そうなると血のめぐりが良くなりそうではありますが、実際はそうではなくて、逆に血の巡りが悪くなります。

1950年代にアメリカの心臓外科医が、心臓疾患と診断された患者の中に怒りっぽい性格の人が多いということに気づいたそうです。

そこで、怒りっぽい人と穏やかな人を研究したところ、怒りっぽい人は心臓病になりやすいことが判明しました。

怒りの感情に関係しているからだのシステムとは

怒りの感情は自律神経が大きく関わっています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、怒ると交感神経が優位になり、穏やかなときは副交感神経が優位になっています。

交感神経の働きがグラフになって表れる機械を取り付けて、イライラする作業をさせる実験をして、怒りやすい人を対象にグラフを観察してみると、交感神経のグラフは激しく上下しました。

実験で怒りやすいという結果になったモニターさんに、あとで質問をしてわかったことは、こういった人はやはり「待つのが嫌い」など普段からイライラすることが多いとのことでした。

怒って交感神経が優位になるとなぜ健康に悪いの?

怒って交感神経が活発になると身体はどうなるのか、というと、

血液に乗って運ばれている栄養や酸素が体の末端に運ばれなくなり、例えば、火傷の治りが非常に遅くなるなどの影響が出てきます。

それに、交感神経はそういったときには血圧を上げるように指示を出します。

よく怒る人は血圧が高くなり血管にダメージを与え、しかも、血液が心臓や脳に充分運ばれて行かないようになります。

その結果、よく怒る人の方が約5倍も心筋梗塞になりやすいのです。脳梗塞も約2倍となっています。

身体のあらゆる部分の働きは自律神経がバランスをとることで成り立っているのですが、怒ることによってそのバランスが狂ってしまします。

自律神経のバランスが崩れると、頭痛やめまい、手足のしびれ、下痢や便秘などがおこり、不眠症になる場合もあります。

寝不足になると昼間の生活に支障が出ます。これによってストレスがたまり、交感神経が高まってしまうという悪循環が起こります。

怒りっぽい性格は変えられるのか?

自分を変えるのは難しいことのように思えるのですが、英語でanger management(直訳すると、「怒り やりくり」)をすることによって、そういう傾向がやや変化をします。

「怒らないようにしていく」ことを勉強すること=anger managementというわけです。

私も初めて知ったのですが、「日本アンガーマネージメント協会」というアメリカ生まれの協会があって、企業などではこのアンガーマネージメントの研修が行われていて、これに関する本もたくさん出版されているのです。

この協会の代表である安藤俊介さんは、「怒りの感情はアレルギーみたいなもので、何か出来事があってそれに対して怒る人もいれば、怒らない人もいます。花粉症などを例にあげるとわかりやすかもしれません。私たちが起こる理由は『自分が信じているコアビリーフというものが裏切られたときなんです。」と話します。

コアビリーフというのは下の図をみていただくとわかりやすいかもしれません。赤い部分です。

corebelief

このコアビリーフ(確たる信念)は人によって違っています。

例えば仕事を支持されて「早めにお願い」と言われても、言われた人はそのとらえ方が「今日中にやろう」「5分以内だ」とまちまちです。

たとえコアビリーフを裏切られたとしても、激高はしてはいけない、と古賀良彦教授は言います。

怒り方が大事であり、「諭すように」というのがポイントです。

こうすることによって、怒られた方も、怒った人のコアビリーフを理解できるようになるのです。怒ってはいけないのではなくてソフトに怒るようにするとよいのです。

怒りを溜めるのはよくないからです。

イライラを沈めるある方法とは

イライラしたときの沈め方としては、「6秒数える」ことです。この単純なことで心が落ち着きます。いきなり感情を高ぶらせるのではなくちょっと沈めておいてソフトに出していく、というのは良い方法です。

怒りの感情は伝染するので、職場でそうなると、ミスや連絡漏れなどを起こしやすいのです。

職業によっては、そういったことが大きな事故になってしまうこともあるので、「6秒」の方法はとても有効なのではないでしょうか。

アンガーマネージメントをした職場で離職者が減ったという例も番組内で紹介されていました。

その職場では「アンガーログ」というものを利用していました。

直接的な怒りの言葉をノートに書き留めるというものです。

アンガーマネージメント協会代表・安藤俊介さんは「自分が怒っている傾向が見えることにより怒りを予防できる」と言っています。

どういう場面で怒りやすいか、わかっていることでそうならないための工夫をすることができるのです。

自己催眠でイライラを沈めることができる

自己催眠でイライラを沈めるやり方をご紹介します。

①椅子に座って目を閉じ、手を下げます。

②そして、心の中で「両手が重くなってきた」と暗示をかけます。

③次に、「額が冷たくなってきた」と思いましょう。

④次に、「お腹が温かくなってきた」と思いましょう。

これは副交感神経が優位になったときの状態です。怒りっぽい人はこれを1日数回やるとよいです。

今日は怒りを上手にコントロールして心筋梗塞を予防する方法をご紹介しました。参考にしてください。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください