Sponsered Link


人生を後悔している人が70%以上という驚きのデータからの学び

今日は、人生を後悔している人が70%もいるというおどろきの事実を知って、今私の思うところを書いてみようと思います。

アメリカの興味深いデータに基いて、その詳しい内容をYoutubeで公開されている動画を見つけました。

動画は長いので、それを要約して書きます。サクッと読めるので、お役に立てればうれしいです。

Sponsered Link

人生を後悔している人が多い事実

アメリカの興味深いデータがあります。

80歳以上の人を対象として行われたその調査で、
「人生で最も後悔していることは何か」という問に対して、

70%の人が「チャレンジしなかったこと」と答えているそうです。

それでは、これと同じような後悔をしないためにはどういうことに気をつければいいのでしょうか。

大きな5つの後悔を、順におつたえし、それぞれに私の言葉をそえます。

1:他人がどう思うかは気にしなければよかった

どうしても、私達は他人からどう評価されるか気にします。

そして、それを気にすればするほど、自分の本当にほしい状態から遠ざかります。

それは他人の人生を生きていることになるからです。自分の意志とは違うことで人生が決められるからです。

他人を気にするほど、自分の行動範囲が狭くなり、どんどん苦しくなります。

もう他人の目を気にするのはやめましょう。

大切にしたいことは、

  • あなたがどうしたいか
  • どんな人生にしたいのか

それだけです。

2:自分がどれだけ幸せかを意識するべきだった

「幸せ」って、目には見えないですからね。

「幸せ」って何?とか思っちゃいますよね。

よく考えてみると「私、きっと幸せじゃないかも」とか?

でも、ちょっと待って下さい。

そう思ってしまった場合は、あなたの「幸せの基準値」を下げましょう。

例えば、これは基準値を思い切り下げた例ですが、

  • 命がある
  • 着るものがある
  • 住む場所がある
  • 家族がいる
  • 目が見える

などなど、そういうふうに考えると、たくさんの幸せを得ていることに気づけると思います。

screenshot_66

3:もっと誰かのために何かをすればよかった

とかく自分のことだけで一杯一杯になりがちですが、

自分のことだけを考えるという、それだけでは心が荒むのもまた事実です。

自分が他人に尽くしてみることで、自分にも良いことが返ってくると実感できれば、
驚くほどに人生は豊かになります。

4:くよくよ悩みすぎた

誰でも悩みはありますが、いつまでもくよくよしていて時間が過ぎていってしまうのはもったいないです。

何かを始めてもしうまくいかないときには、どこがいけなかったか、原因を追い求めてしまうものですが、そこは、見方を変えて、

どうしたらうまくいくか、という前向きな解決策を出していくことにこそ大きな意味があるのです。

時間はとても大事です。何に時間を使うのか?といつも問いかけてみましょう。

くよくよ悩むのに時間を消費するのか、どうすればうまくいくか考えるのに時間を使うのか、

その差はとても大きいのです。

5:家族ともっと時間を過ごせばよかった

家族ほど身近な存在もないのですが、なかなか家族を大事にできない人も多いです。

身近な人を大事にできないで、仲間や仕事関係の人を大切にできるわけがないのです。

家族を大事にしている人は仕事もうまくいくというのは不思議ですが事実です。

どうかあなたの家族を大事にしてください。死んでしまってからでは何もしてあげられません。

今日は以上です。

さいごまでお読みいただきありがとうございました。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください