Sponsered Link


高齢者の交通事故が多いので運転教習の内容が気になる

高齢者の交通事故が多く報道されたりして、高齢者教習について気になる方も多いのでは、と思います。

寄る年波には勝てないといいますが、高齢になると運転は本当に危ないものです。

人口に対しての割合もどんどん増えていますので、高齢者の事故には関心が高まっています。

Sponsered Link

高齢者の交通事故は多いのか

70歳代の運転者の事故率と、20歳代の運転者の事故率がほぼ同じだそうですが、
これを見ても、高齢者の事故というのはとても多いということがわかります。

が、ある意味そう思うのはマジックで、高齢者の割合が多くなっているのですから、
高齢者による事故が多くなって当然ですね。

ですから、高齢者だからこんな種類の事故が増える、ということではなくて、交通事故というのは以下のようなことが原因で起こるのは、年齢問わず同じです。

  • 信号無視
  • 横断禁止場所を横断
  • 自転車乗用中の一時停止標識の無視

これらは高齢者にも多いですが、交通事故全般の原因になることです。

高齢者の運転教習の内容

screenshot_94

高齢者講習は70歳から74歳までの方の免許更新のために行われます。

高齢者講習を受講しないと免許証の更新ができなくなっています。

講習を受けることが出来るのは、更新期間満了日(誕生日の1か月後の日)の6ヶ月前から更新期間満了日までの間です。

講習は予約制なので、直接電話をして申し込みます。

講習名と

費用

所要時間 内容
高齢者講習

5,600円

3時間 座学30分

運転適性検査60分

討議(実車の反省検討)30分

高齢者講習(小型特殊免許)

2,250円

1時間半 座学30分

運転適性検査60分

シニア運転講習

5,600円

3時間以上 座学30分以上

運転適性検査等60分以上

実車60分以上

討議(実車の反省検討)30分以上

チャレンジ講習

2,650円

30分 実車による試験30分
簡易講習(チャレンジ講習が70点以上の人のみ受講可)1,500円 1時間以上 座学30分以上

運転適性検査等30分以上

運転免許取得者教育

6,150~28,000円

3時間以上 座学60分以上

運転適性検査等60分以上

実車60分以上

2017.3.12高齢者に関する交通安全対策についての規定が整備されます。
(警視庁のサイトに飛びます)

加齢により、認知機能が低下したりと、高齢者に関わる交通事情も厳しくなってきます。

臨時認知機能検査制度や臨時高齢者講習制度の新設、その他にも制度の見直しなどがあるようです。

今日は以上です。さいごまでお読み頂きありがとうございました。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください