Sponsered Link


大掃除の順番はどこからやるのが効率がよいか

年末の大掃除は、どういう順番でどこからやるのが良いか、

私も11月末くらいから毎年のように考えるのですが、

結局、毎年、いい加減で大雑把な掃除しかしてなくて・・・。

今年こそは、と気合を入れています。

Sponsered Link

大掃除の順番はどこから?

基本的に、掃除っていうのは「上から」やるという人が圧倒的に多いです。

上からというのは、

天井 ⇒ 家具の上 ⇒ カーテン ⇒ 壁 ⇒ ローボードなど ⇒ 床

といった具合です。

これは、調べるてみるとその理由に納得です。

歩く床から掃除しても、結局歩くたびに汚れますし、
昨日床を拭いたと安心していると、今日見たらもう床は汚れているなんてこともあるから、ということらしいです。

掃除といえば松居一代さんですが(笑)、彼女も「上からやる」と言っていました。

なんでも、
天井のホコリを取る ⇒ 照明器具 ⇒ エアコン ⇒ 窓ガラスと網戸 ⇒ サッシ ⇒ 床

だそうです。納得。

キッチンの場合は、
換気扇を掃除してから、シンクをやって、最後に床です。

目につきやすいところは後回しにして、まずは目につかないところからやるのが良いそうです。これこそ大掃除っていう感じですね。

上記のやり方は、トイレでも風呂場でも、同じように上からやる、ということです。

「松居棒」という掃除道具は楽天では売ってないようでした。ざんねん・・・


↑ ↑ ↑(クリックすると詳しい解説画面へ)
でも代わりにこんなのを見つけました。とても役に立ちそう~♪目につかないところから・・・ですからね!(詳しくはこちら

大掃除を効率よくやるには?

見逃してしまいそうなのですが、

掃除を始める前に大事なこと!!

それは、いらないものを捨てること。

これをやらないと、いくら掃除してもスッキリしないんですよね。

436460

ゴミ袋を多めに容易して、片っ端からいらないものやつかわないものを見つけたらゴミ袋にいれていく作業、これが大掃除を効率よく始めるための重要なステップ1です。

床に邪魔なものが転がっていたら、掃除しようにも捗りませんからね。

でも、この「要らないものを捨てる」っていうのが、一番やっかいなんじゃないでしょうか。

どこかにしまい込もうとしてしまう・・・っていうNGを毎年繰り返していると、モノが増えすぎて、気がついたら業者を呼ばなくちゃ収集がつかないことにもなりかねません。

年末まで放っておかず、早めに、いえ、今日から「捨てる」作業をやりはじめます♪

今年こそ、頑張ってスッキリしようと思います!

今日は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください