Sponsered Link


東京観光おすすめスポット5選と1泊2日モデルプラン 地下鉄移動編(1日目)

東京に観光で来る場合、慣れないと迷うこともしばしば。中でも地下鉄の移動が便利なのによくわからなくて断念している勿体無いケースを見かけます。

今日は大半を地下鉄で移動するモデルプランを書きたいと思います。

主要スポットをいくつも効率よく巡る東京観光、ぜひ参考にしてください。

Sponsered Link

東京観光おすすめスポット5選

まずは東京の玄関、東京駅。

東京の玄関は上野じゃないのでしょうか、という声も聞こえてきますが、上野から出発するパターンは後日書きたいと思いますので、今日は東京駅からということで。

1日目のおすすめスポット5つは、
松本楼
東京タワー
ゆりかもめ
豊洲
KITTE
です。

それでは出発しましょう♪

東京駅 ⇒ 日比谷 ⇒ 東京タワー

10:30ごろ出発ということでいかがでしょう。

JR東京駅は丸の内北口改札口(地上)から出て、ドーム天井を眺めましょう。写真におさめると良いと思います。8角形のドームがとても綺麗です。

次に東京駅から出て道路を渡ります。渡ったら丸ビルに沿って歩き、行幸通り(ぎょうこうどおり)を左折します。
行幸通りは、皇居から東京駅を結ぶ道路で、天皇陛下が通るのでそう呼ばれています。

tokyo002

和田倉門で写真を撮ります。橋の袂の三角屋根の意思の建造物がレトロでちょっとすてきです。

次に、郵船ビルディングの前から丸の内シャトルに乗ります。

◆丸の内シャトルは約12~15分間隔で運行しています。(【平 日】8:00~20:00
【土・日・祝祭日】10:00~20:00)

位置情報がわかるアプリが便利です。
・iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/jp/app/wanno-neishatorubasu/id687729554?mt=8
・Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.hinomaru.marunouchiviewer.android&hl=ja

日比谷でシャトルを降ります。郵船ビルディングから4つ目のバス停です。

日比谷公園の中にある松本楼でランチとしましょう♪ハイカラハヤシライス(980円)がおすすめです。大雨でなければテラス席がおすすめです。屋根があるので濡れません。

tokyo004

予約をする場合は、03-3503-1451
予約なしでも少し待つのが苦でなければ大丈夫です。

13時くらいまでランチを楽しみ、

その後は、日比谷線に乗って、東京タワーへ。
地下鉄の駅は上の地図の中央の電車マークのところです。

2つ目の神谷町で下車します。改札を出たら、1番から地上へ出ます。

tokyo006

歩く距離は450mくらいです。

東京タワーでは展望台に登りたいところですが、特別展望台(250m)は平成28年10月3日からリニューアルのため営業休止なので、リニューアル工事が終わるまでは大展望台(150m)の方へ登ってください。雨や見通しが悪そうな日は、展望台はスルーしてもよいと思います。

3階にあるマザー牧場CAFEのソフトクリームやパフェが美味しいです。ちょっと休憩に立ち寄ってもよいと思います。

東京タワーでは、イベントがある日もあります。
イベント情報はこちら。
⇒ https://www.tokyotower.co.jp/event/index.html

14時半ごろ東京タワーから次の場所へ移動しましょう。

東京タワー ⇒ ゆりかもめ ⇒ 豊洲

東京タワーを後にして、赤羽橋駅から大江戸線で2つ目の汐留駅へ向かいます。

汐留からはゆりかもめに乗って景色を見ながら移動し、豊洲でおります。豊洲までは15駅です。

towershuhen

赤羽橋駅からは、進行方向に向かって一番後ろに乗るとゆりかもめ乗り換え口に近いです。

ゆりかもめに乗っている間、30分ほど東京の街を海側から眺めてください。いろいろな発見があると思います。コンピュータを使って走っているので、運転士や車掌は車両にいませんので、初めて乗るときは皆さんビックリされます。

yurikamome

豊洲駅から歩いて3~4分のところに、アーバンドックららぽーと豊洲というのがあります。

そこの1階にバルデゲーというスペイン料理のレストランがあり、気候の良い季節はテラス席が大人気です。このレストランで早めの夕食を摂りましょう。

こちらのお店は予約しておいた方が良いです。
⇒ 0066-9712-958915 (予約専用番号、通話料無料)

barudege

ららぽーと豊洲からは空気が澄んでいる時は富士山も見ることが出来ます。

一眼レフを持ってたくさんの人が「東京から見える富士山」を撮影しにやって来ます。

豊洲から海や夜景をながめるのはとてもオススメです。

豊洲 ⇒ 有楽町 ⇒ KITTE

お食事と夜景を楽しんだら、豊洲駅から有楽町線に乗って有楽町まで移動します。有楽町駅から歩いてKITTEという商業施設へ行きます。

KITTEでは屋上から、ライトアップされた東京駅を眺めます。

kitte

KITTEの屋上は屋上庭園となっていて、~23:00(日・祝は~22:00、祝前日は~23:00)まで入れますが、東京駅のライトアップは21時までですので注意してください。

ららぽーとでゆっくりしすぎると東京駅のライトアップに間に合わなくなります。

さぁ、これで1日目は終了です。KITTEから東京駅へ移動し、そこからホテルへ向かってください。

このルートで観光すると、ホテルまでは東京駅からの移動となりますので、わかりやすいと思います。

この日の全行程の交通費

丸の内シャトルは無料

日比谷⇒神谷町  170円
赤羽橋⇒汐留   180円
ゆりかもめ    380円
豊洲⇒有楽町   170円

これならお食事で少しお金を使っても大丈夫な気がしませんか?(^0^)

最後に、港区のYoutubeをご紹介しておきます。

今日は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください