Sponsered Link


イビキの治療方法は耳鼻咽喉科で相談して手術後良好です

イビキの治療方法は耳鼻咽喉科で相談したところ、手術をすすめられ、術後も調子は良好です.

私は主人のいびきに悩まされており、
とにかくうるさくて、毎晩おちおち寝ていられない状態でした。

どうしても我慢できなかったので、耳鼻咽喉科に相談に行ってもらいました。

Sponsered Link

いびきの治療方法は手術

軟口蓋形成手術をすることになり、

1週間前から家で血圧を測り、

手術当日の午前11時まで食事もOKで(午後から手術)、

術後も1時間暗い病院で過ごしましたが、夕方には戻ってきました。

本人が言うには、

局部麻酔なので、音が怖かったのと、バーナーで焼くといわれて少しビビッたと。

イビキの手術の費用は保健適応

保健でできないと思っていたので、30万くらいかかると覚悟していましたが、

なんと保険適応するとのことで、

手術も「軟口蓋形成手術」というかんたんなもので済みました。

いわゆるノドチンコを切るのです。

大きく垂れ下がっていたものが邪魔だったのですね。

かかった金額は3万円ほどでした。

お金もそんなにかからず、騒音も減り、大助かりです。

術後はいきなりイビキが止んで、、、「生きてる?」って、家族に心配されていました。

いびきの手術後の注意点

あれから1週間になりますが、検診に行ったところ、経過も順調で、ビールも少しくらいなら飲んでも大丈夫になりました。

注意点としては、柔らかいモノ意外は食べてはいけないことです。

縫っているわけではなく、火傷のようにしてあって、
かさぶたが取れたら完治ということなので、

かさぶたを無理に剥がすようなことがあれば、出血してしまい、
傷の治りが遅くなります。

だいたいお粥と薄味の味噌汁などを食べ、

冷奴にも醤油はほんのすこしにしていました。

塩分と冷たいもの、熱いものは刺激があるようでした。

いびき改善の手術後は薬を毎食後

薬は4種類くらい出されました。

痛み止めは必須で、それと胃薬、抗生物質です。

7日間飲んで、検診に行ってまた7日分もらってきました。

来週の検診(2回目)で経過が良好であれば、それでもうおしまいです。

思ったより簡単だったので、本人も、
「もっと早く手術すればよかった~」と言っていました。

《まとめ》

いびきは耳鼻咽喉科で相談すれば、今はいい手術の方法があります。お金もそれほどかかりません。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください