Sponsered Link


Table For Twoとは?iPhoneアプリでもおにぎりでも参加可能なんです

私がTable For Twoを知ったのは、ある会社の社員食堂で働いていたときでした。

これを知り、食事をするときに少し考えるようになりました。世界には飢餓で苦しむ子供たちがたくさんいることを。

この言葉を初めて見聞きする方にも分かり易いように、言葉の説明からしますね。

はい、今日はこんなまじめな話をしていきたいと思います♪

Sponsered Link

Table For Twoとは

日本人が06年に提案した社会貢献活動。肥満に悩む先進国の食堂で(1)1食あたり約730キロカロリー(2)栄養バランスがとれている(3)野菜を多く含む定食を出す。売り上げ1食あたり20円が、飢餓で人々が命を落とす途上国に寄付される仕組みになっている。20円は途上国の学校給食1食分にあたり、肥満予防の食事が子供の給食にもなる、というのが運動名の由来。国外でもインドの2企業が参加し、08年9月にNPOアメリカ支部もできた。

出展:コトバンクhttps://kotobank.jp/word/TABLE+FOR+TWO-188965

要するに、この活動に参加しているレストランなどで、該当するメニューを食べると、1食あたり20円が途上国に寄付されるしくみです。

そういえばですが、私が働いていた食堂でもヘルシーセットが度々TFT(Table For Two)に設定されていました。

Table For TwoにはiPhoneアプリでも参加できる

ヘルシーな食事や社員食堂などでTFTのメニューを食べたときに、iPhoneアプリでその写真をアップすると、1円がTABLE FOR TWOに寄付されます。

なんと、推定カロリーが出てきたりもします。東京大学発の画像解析技術らしいです。スゴイですね!

私のiPhone画像です。
↓↓↓
tft

このアプリがなんともまぁスタイリッシュなこと!とても素敵です。

下のほうにあるカメラマークをタップすると撮影できるようになっています。

Table For Twoはおにぎりを食べるだけでも参加できる

あなたがおにぎりを食べて、アフリカ・アジアの子供たちに温かい給食が届くしくみ「おにぎりアクション2016」というのもあります。

この動画を見るとわかりますが、その方法はおにぎり写真を投稿するだけです。

これならすぐにでもできそうですね!

以上、今日はTable For Twoのご紹介でした♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください