Sponsered Link


喪中ハガキと寒中見舞いの両方出すのは失礼か?

喪中ハガキを出した相手に、年が明けてから寒中見舞いを出すのは、有り?無し?という問題です。

では、喪中ハガキと寒中見舞いの意味から書いていきますね。

Sponsered Link

喪中ハガキの意味

喪中ハガキは、身内が亡くなったという知らせを目的としていません。

身内に不幸があったので、その喪に服すので新年のご挨拶は控えます、ということを知らせるものです。

「年賀状は送りません」っていうことを知らせているわけですね。

寒中見舞いの意味

寒中見舞いというのは、どんな時に出すものかというと、

  • 喪中の人への新年の挨拶
  • 喪中と知らず年賀状を送ってくれた方へ
  • 年賀状をくれたけれど、こちらからは出していない人へ

という場合です。

それでは、疑問に対しての答えは?

喪中ハガキと寒中見舞いは両方送らない

年内に喪中ハガキで新年のご挨拶ができないことを知らせているので、
わざわざ年明けに寒中見舞いを出す必要はありません。

これが一般的な考えですが、こういったことは気持ちが伝われば失礼になるものでもないので、両方出してしまったからといって気にすることはありません。

年末に家族が亡くなると、喪中ハガキが間に合いませんよね。そういうときは寒中見舞いでお知らせしましょう。

次にこの場合の寒中見舞いについて書いていきます。

mochu-hagaki

喪中ハガキを出しそびれた場合の寒中見舞い

年末ギリギリに身内に不幸があることだってありますから、当然もう年賀状を出してしまっていたり、喪中ハガキのほうは出せていません。

こういう場合は、

寒中見舞いを1月7日~2月4日までに出します。

ちなみに1月7日は松の内が明ける日、2月4日は立春に入る日です。

次に出した例文は、「こちら側が喪中だということを知らず年賀状をくれた方へ」のものです。

寒中お見舞い申し上げます。
年頭にはご丁寧な年賀状をお送りいただき、ありがとうございました。

昨年◯月◯日に(名前&続柄)が亡くなり、
服喪中のため新年のご挨拶は差し控えさせていただきました。

欠礼のお知らせをすべきところでしたが連絡が間に合わず、大変失礼をいたしました。

寒い日が続きますが、どうぞお体ご自愛ください。

短めですがスマートに伝えるべきことが書かれています。

もしも故人に年賀状が届いたときは

こういった場合は、

  • 連絡が間に合わなかったことのお詫び
  • 相手の安否をたずねる

くらいでもよく、こちらの近況などは書かなくてもよいものです。

故人の亡くなったことのお知らせが行き届かず申し訳ないという思いが伝わればOKです。

タイトルの疑問に対する答えは、
喪中ハガキを出した相手には、年が明けてから寒中見舞いを出す必要はない、が正解です。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください