Sponsered Link


喪中ハガキは何親等までの不幸のときに出すのが常識でしょうか

親が亡くなったときなど、喪中ハガキを出す相手について、即答できるか、というとなかなかそういう人もいないのでは?と思います。

そういう機会っていうのはそうそうあるものではないですからね。

今日は、喪中ハガキを何親等までの親戚が亡くなったときに送るのが正しいか、ということについて書いていきます。

Sponsered Link

喪中ハガキは何親等の親戚が亡くなったときに出すのか

一般的に、喪中ハガキというのは、亡くなった方がどれくらい親しくしていたかで、出すか出さないか決めるとよいのですが、二親等までは出します。

最近の風習では、両親、配偶者、子、配偶者の両親、二親等の兄弟姉妹まで出すようです。

同じ二親等であっても祖父母の場合は喪中ハガキを出さない場合が多くなってきています。

やはりそこは亡くなった方のおつきあいの度合いによってきめるのが良いです。

どうしても、判断が出来ない時は、親しい親戚の方に相談されると良いでしょう。

特に迷うのは配偶者の祖父母など

背部右車の祖父母や、兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者は、血縁ではないですが、これもまた親しく付き合っていたのであれば出さないのも失礼かと思われます。

どうしても迷うようであれば、先にも書いたように、親しい親戚の方に相談されるとよいでしょう。

考える目安

こちらは目安ですが参考にしてください。

目安 親族
出す 両親・配偶者・子・兄弟姉妹・配偶者の両親
出しても出さなくても良い 祖父母・配偶者の祖父母・兄弟姉妹の配偶者・配偶者の兄弟姉妹
ほとんど出さない 三親等以下(叔父・叔母・いとこなど)
出さない 遠い親戚

今日は以上です。参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsered Link

お役に立てたらシェアお願いします

よろしければフォローしてください